QNX Momentics マルチコア エディション

2005年10月25日 オタワ

業界におけるデュアル及びマルチコア プロセッサの利用への重要な移行に対処するため、QNXソフトウエア システムズは最も進んだ開発スイートを本日発表しました。QNX® Momentics® 開発スイート マルチコア エディションは、ユーザが、Broadcom BCM12xxやBCM14xx、フリースケール MPC8641D、及びインテルのマルチコア プロセッサを含む、新世代のマルチコア ハードウェアへと迅速に首尾よく移行するのを支援する、業界唯一の総合的ソフトウェア ファンデーションを提供します。

QNX Momenticsマルチコア エディションは、ソフトウェア エンジニアが最新世代のマルチコア プロセッサを活用する確実で高性能の組み込み製品を短時間のうちに構築することを可能にする統合開発ツールとOS機能です。ユーザは、QNXの豊富なマルチプロセッシング ソリューションから選択し、それぞれの製品の必要条件に最も適するモデルを実行することができます。QNXは、非対称(AMP)および対称マルチプロセッシング(SMP)の両機能を提供するのみでなく、SMPの優れたリソース マネジメントとAMPのアプリケーション コントロールを組み合わせた革新的な「ハイブリッド」機能を他に先がけて開発しています。

「セミコンダクタ産業では、マルチコア アーキテクチャがパフォーマンス、パワー、及びシステム統合といったチャレンジに対処していくための今後の進路となってきているため、変化が必要とされています。」と上級副社長兼フリースケール社のネットワーキング、コンピューティング システム グループ部長であるデイビッド パーキンス氏は語ります。「その結果、マルチコア プラットフォームに最適化されたソフトウェア ソリューションの入手が可能であるかどうかが、かつてないほど重要になっています。QNXは、そのマルチコア エディションによって、ソフトウェア開発者が迅速に単一プロセッシング ベースの設計から、 PowerPC® 技術を含むフリースケール社のMPC8641Dデュアルコア プロセッサといった、革新的なマルチコア アーキテクチャに基づく設計への移行を可能にしています。」


QNX Momentics 開発スイート マルチコア エディションについて:

QNX Momentics開発スイート マルチコア エディションは、ユーザがマルチコア プロセッサ アーキテクチャを利用した従来の組み込み設計を移植したり、新たに構築したりするのを支援するために必要な全てのものを含んでいます。

 非対称型マルチプロセッシング (AMP)-独自にチップ上にいて個々のプロセッサを管理しようとする開発者にとって、QNX は革新的なAMP サポートを提供します。このサポートの原動力となっているのは成熟した軽量のインタープロセス通信 (IPC) 装置である QMX の透過的分散処理であり、これにより、開発者たちはそれぞれのマルチコア アプリケーションを効率よく調整することができるのです。開発者が QNX Neutrino® RTOS と Linux の両方を異機種環境にて使用したい場合にも、QNX は透過的インタープロセス通信 (TIPC) プロトコルへのサポートを提供します。

 対称型マルチプロセッシング (SMP)-長年の間、QNX は、業界をリードするネットワーキング ユーザがそれぞれのマルチプロセッシング設計から最大限のパフォーマンスを引き出すと同時に、共有のリソース管理に絡む複雑さを最小限に抑えることを可能にしており、そのSMP 機能のパワーを彼らに実証しています。開発者は,こうしたメリットを今やマルチコア プロセッサにおいて実全することができるのです。

 バウンド マルチプロセッシング (BMP)-QNXは、SMPの優れたリソース管理とAMPのアプリケーション制御を組み合わせたマルチプロセッシングへの新たなアプローチを開発しました。BMPと呼ばれるこのQNXの革新技術により、開発者は、アプリケーションを特定のプロセッサに指定する一方で、AMP モデルでリソースの共有に絡んだ設計の複雑さを取り去ることができるようになります。

 開発ツール — QNXは、マルチコア プロセッサのユニークなアーキテクチャをサポートするために、そのシステム プロファイラー、システム情報、及びシステム ビルダ ツールを最適化しています。

「マルチコア ハードウェアの出現は、今までもっぱら単一プロセッサ設計で作業を行なってきた組み込みソフトウェア開発者に対するルールを書き換えます。」 とQNX の会長であるダン ドッジ氏は語っています。「QNX Momenticsマルチコア エディションにより、QNXは大きな進歩を実現し、マルチコア プロセッサが提供するパフォーマンスおよびスケーラビリティを拡大したいと望む開発者に、開発時間という点で大幅な利点を与えます。マルチコア設計を最適化するためのツールからマルチプロセッシングへの躍進的なアプローチまで、QNX Momenticsマルチコア エディションはマルチコア アプリケーションを開発するための世界最速で、最も総合的なソリューションです。」


販売時期:

QNX Momenticsマルチコア エディションは2006年第1四半期に発売されます。


QNXソフトウェア システムズについて:

ハーマン インターナショナルの一員であるQNX ソフトウエア システムズ (NYSE: HAR)  は、リアルタイム組み込み OS 技術の分野における業界リーダーです。QNX Neutrino RTOS と QNX Momentics 開発スイートのコンポーネント ベースのアーキテクチャは、共に、革新的で高性能の組み込みシステムを構築するための、業界における最も信頼性とスケーラビリティの高いフレームワークを提供します。シスコ、ダイムラー クライスラー、ゼネラル エレクトリック、ロッキード マーティン、シーメンズといった世界のリーダーたちが、ネットワーク ルータ、医療機器、車両テレマテックス ユニット、安全保障・防衛システム、産業ロボティックスその他のミッション クリティカルで、時には生命にもかかわるようなアプリケーションでQNXの技術に依存しています。1980年に設立されたQNX ソフトウエア システムズは、カナダのオタワに本社を置き、世界100カ国以上の国々で製品を販売しています。