QNX、包括的マルチコア ソフトウェア プラットフォームの出荷へ

2006年4月3日 サンノゼ、ESC シリコンバレー

他のソフトウエア ベンダが依然としてマルチコア戦略を練っている一方で、QNX ソフトウエア システムズは、新世代のマルチコア プロセッサ利用向けの組み込み業界初の包括的なソフトウェア スイートの一般利用が可能になったと発表しました。

新しいQNX® Neutrino® マルチコア技術開発キット (TDK) は、マルチコア設計に伴う全ての課題に対応する唯一の商用ソリューションです。ユーザが既存のアプリケーションをマルチコア ハードウェア プラットフォームへ移植している最中であろうが、マルチコアの使用が可能な新しいアプリケーションを開発中であろうが、この TDK は、対称型、非対称型、そしてQNX ソフトウエア システムズによる革新的な新技術 「限定型」 を含む、マルチプロセッシング の全てのオプションを提供します。その結果、開発者たちはコード移植をスピードアップし、インテル、フリースケール、ブロードコム、その他のベンダから提供される広範囲にわたるマルチコア プロセッサ上でのパフォーマンスを最大化することができます。

QNX は、他の OS ベンダの提案するソリューションとは異なり、マルチプロセッシング OS カーネルの最適化、マルチコア対応のボード サポート パッケージ、マルチコア開発課題に迅速に対処するために必要な最適化された開発ツールをリリースします。

「マルチコアに関して言えば、他のベンダが “戦略的イニシアチブ” や “思考リーダーシップ” などについてレトリックを競い合っている間、組み込み開発者たちはただ手をこまねいて待っているわけにはいきません。」 と QNX ソフトウエア システムズのマーケティング担当副社長、デイヴ カーリー氏は語ります。「マルチコアの時代が到来しました。今日、唯一 QNX のみが移植の方向性を提供しており、これによって開発者たちがこの技術をフルに活用することが可能になるのです。」

この新しい QNX ソリューションによってサポートされたマルチコア プロセッサには、インテル® Core™ Duo プロセッサ T2055 および L2400、ブロードコム BCM12xx デュアルコア および BCM14xx クワッドコア プロセッサ、フリースケール MPC8641D デュアルコア PowerPC® プロセッサなどが含まれます。

「QNX の実証済みのマルチプロセッシング サポート、並びに主要なプロセッサ ベンダとの長期にわたるパートナーシップのお陰で、マルチコア チップが登場するやいなや、我々はそれをサポートすることができ、我々のユーザは最大限の設計上の柔軟性を持って製品開発に直ちに取り組むことができます。」 と QNX のネットコム部門マネージャ、ロメイン サハ氏は語ります。

すでに QNX のマルチコア ソリューションは、幅広く業界で認知されています。今年初めには、組み込み技術界において卓越した革新技術と見なされた製品に贈られる、権威ある2006年「組み込み大賞」を受賞しました。

ネットワーキング、産業オートメーション市場の主要 OEM などからも非常に好評を博したベータ プログラムに引き続き、QNX Neutrino マルチコア TDK の商用リリースが行われます。


強力なマルチプロセッシング オプションの選択肢

非常にスケーラブルな QNX Neutrino RTOS によりパワーアップされた QNX Neutrino マルチコア TDK のお陰で、開発者たちはそれぞれのマルチコア設計に最適のマルチプ ロセッシング モデルを選択することができます。キットは、非対称型マルチプロセッシング (AMP) と対称型マルチプロセッシング (SMP) の提供に加え、SMP の優れたスケーラビリティとリソース マネージメント、および AMP の開発者制御とを組み合わせた革新的な複合型機能、限定型マルチプロセッシング (BMP) もサポートします。この画期的な技術はマルチコア チップへの移植を大幅に簡易化し、4つ、8つ、またはそれ以上の別個のプロセッシング コアを統合する次世代のプロセッサ向けの設計を将来にわたり保証します。


Multi-Core Expedite Program によりマルチコアへの移行が加速化

QNX ソフトウエア システムズは、インテルのような業界リーダーと提携し、新たな QNX Multi-Core Expedite Program も開始しました。これにより、開発者たちは、評価やプロトタイピングのために、マルチコア ハードウェアやソフトウェア プラットフォームを早い段階で入手することができるようになります。すでにこのプログラムは、ネットワーキング、航空宇宙産業、工業、消費市場における OEM から幅広い支持を集めています。

この新プログラムでは、有資格メンバーは、QNX Momentics® 開発スイート プロフェショナル エディションおよび QNX Neutrino マルチコア TDK などを含む、業界最先端のマルチコア製品の 120 日間評価版を受け取ります。この詳細については、ニュースリリース 「QNX、インテル ハードウェア向けの Multi-Core Expedite Program を導入」 をご覧下さい。

QNX Momentics 開発スイートは、マルチコア アプリケーション開発のスピードアップのために最適化されており、マルチプロセッシング デバッガ、コンパイラ、組み込みツールなどを含むマルチコアに完全に対応するツールチェーンを提供します。この開発スイートは、開発者が複雑なマルチコア システムのパフォーマンスを素早く診断、調整するのを助ける強力な視覚化ツール、QNX システム プロファイラを含みます。


入手方法

QNX Neutrino マルチコア技術開発キットに関する詳しい内容は、お近くの QNX の営業担当者までお問い合わせ下さい。


QNX ソフトウエア システムについて:

ハーマン インターナショナルの一員である QNX ソフトウエア システムズは、リアルタイム組み込み OS 技術における業界リーダーです。QNX Neutrino RTOS と QNX Momentics 開発スイートのコンポーネント ベースのアーキテクチャは、共に、革新的で高性能の組み込みシステムを構築するための、業界において最も信頼性が高くスケーラビリティのあるフレームワークを提供します。シスコ、ダイムラー クライスラー、ゼネラル エレクトリック、ロッキード マーティン、シーメンスといった世界のリーダーたちが、ネットワーク ルータ、医療機器、車両テレマテックス ユニット、安全保障及び防衛システム、産業ロボティックスその他の、ミッション クリティカルで、時には生命にもかかわるようなアプリケーションにおいて QNX の技術に依存しています。1980年に設立された QNX ソフトウエア システムズは、カナダのオタワに本社を置き、世界100カ国以上で製品を販売しています。