QNX、ルネサス テクノロジ社製 Sequoia プラットフォームのサポート

2006年5月24日 オタワ

QNX ソフトウエア システムズは、QNX® Neutrino® RTOS のサポートにルネサス テクノロジ社製 Sequoia オートモーティブ プラットフォームを追加することを本日発表しました。ルネサスが提供する最新の SuperH® RISC プロセッサおよび関連開発プラットフォームへ早期に対応することで、車載テレマティックスとインフォテインメント市場向けのオペレーティング システムとミドルウェアにおける世界的なリーダーとしての QNX の地位がさらに強化されます。

ルネサスの SH7397 システム オン チップをベースとした Sequoia により、カー インフォテインメント システム (CIS) およびテレマティックス アプリケーション向けの、包括的でモジュラー型のオートモーティブ グレードのレファレンス プラットフォームが提供されます。ルネサス率いる Community Enabling Telematics (COMET) パートナーシップ プログラムを通じて、デベロッパは、SH-4A 搭載プラットフォームと QNX ソフトウエア システムズのような主要ソフトウェア プロバイダが提供するテクノロジを活用して、オートモーティブ ソリューションの開発を高速化することができます。また Sequoia の拡張可能なベースボードは、Bluetooth、GPS、またはユーザー定義の機能を含むモジュールに対して、数々の周辺機器とオプションの拡張インタフェースにサポートを提供します。

「QNXは、QNX Neutrino RTOS のミッション クリティカルな信頼性により、テレマティックスおよびインフォテインメントのデベロッパにとって、最も人気のあるファウンデーションの 1 つとなっています」と、ルネサス テクノロジ アメリカのオートモーティブ ビジネス ユニットのセグメント マーケティング マネージャである Paul Sykes は語っています。「QNX のテクノロジと Sequoia プラットフォームの組み合わせは、ティア ワン サプライヤにとって、研究企画過程から貴重な設計サイクルを短縮するのに役立つきめ細かな開発システムとなります。」

「現在ではテレマティックスとインフォテインメント デバイスがすべての自動車メーカーとモデルに浸透しており、車載テクノロジの市場が成長を続けるに従い、こうしたアプリケーションが将来的に保証されるものであるかどうかを確かめることは極めて重要な要件です」と QNX ソフトウエア システムズのオートモーティブ セグメント マネージャである Andrew Poliak 氏は述べています。「我々はルネサスのようなパートナーと協力して、カスタマイズがし易く、またオート メーカーが求める厳しい信頼性の要件に合うシームレスな開発ソリューションを生み出すことを約束します。」

QNX ソフトウエア システムズは、Sequoia プラットフォームのサポート用に 2006 年第 3 四半期公開予定のボード サポート パッケージ (BSP) を開発中です。


QNX と車載インフォテインメント

世界中で 140 以上の車種が、ハンズフリー携帯電話キットからハイエンドのマルチメディア、ナビゲーション システムなど数々のテレマティックスおよびインフォテインメント製品に、QNX のソフトウェア技術を使用しています。信頼性が極めて高い QNX Neutrino RTOS のみでなく、QNX ソフトウエア システムズは、ナビゲーション ディスプレイ用のアドバンスト 3D/2D グラフィックス、超高速の起動時間を実現するインスタント オン技術、組み込み Web ブラウザ、マルチメディア フレームワーク、耐障害性のあるファイル システム、自動車市場に最適化されたその他さまざまな技術を提供しています。

ルネサスについての詳細は www.renesas.com をご覧ください。

COMET コンソーシアムについての詳細は www.comet-alliance.com をご覧ください。


QNX ソフトウエア システムズについて

ハーマン インターナショナルの一員である QNX ソフトウエア システムズは、リアルタイム組み込み OS 技術における業界リーダーです。QNX Neutrino RTOS と QNX Momentics® 開発スイートのコンポーネント ベースのアーキテクチャは、共に、革新的で高性能の組み込みシステムを構築するための、業界において最も信頼性が高くスケーラビリティのあるフレームワークを提供します。シスコ、ダイムラー クライスラー、ゼネラル エレクトリック、ロッキード マーティン、シーメンスといった世界のリーダーたちが、ネットワーク ルータ、医療機器、車両テレマティックス ユニット、安全保障及び防衛システム、産業ロボティックスその他の、ミッション クリティカルで、時には生命にもかかわるようなアプリケーションにおいて QNX の技術に依存しています。1980 年に設立された QNX ソフトウエア システムズは、カナダのオタワに本社を置き、世界 100 カ国以上で製品を販売しています。