QNX が新しいマルチメディア スイートを発売

QNX が新しいマルチメディア スイートを発売:車載インフォテイメント システムの設計時間を半減

2007年11月28日 ミュンヘン QNX ソフトウエア システムズは本日、QNX® Aviage® マルチメディア スイートの発売を発表しました。この新製品は、車載向けフル機能の最新メディア プレーヤと、直感的なユーザー使用感を提供する自動車グレードのミドルウエア ソリューションです。このソリューションにより、iPod などの人気デバイスを車両に統合することができ、しかも、ユーザーにとっての使用感はシンプルでシームレスなものになります。

新製品のマルチメディア スイートは、メディア サーバー、メディア プレーヤ、OEM用ミドルウエア設計プラットフォームの組み合わせであり、自動車メーカーや大手サプライヤは、デジタル インフォテイメント システムを迅速かつ簡単に構築できるようになります。システム設計者は、インテリジェントなコネクティビティ、高いカスタマイズ性、豊富なネットワーキング機能といった同ソリューションの特徴を活用することができます。

QNX Aviageマルチメディア スイートには、オーディオ再生と録音を含むデジタル メディア ジュークボックス、メディア編成機能、「認識して接続」機能があります。コンテンツのナビゲーションを簡単で直感的なものにするために、すべてのCD、USBフラッシュディスクまたはオーディオ ストリームに固有の識別子をつけ、メディア ソースのコンテンツをカスタマイズ可能な自動車用データベースと自動的に同期します。この機能は、ユーザーの使用感を向上させ(前回の運転時に何を聴いていたかすぐわかる、など)、また、複数メディアソースからのプレイリスト生成も可能です。

運転者と同乗者の音楽の好みが合わないといった問題にも対応します。同スイートは、「セッション管理」をサポートしており、複数の個別ユーザー、複数のデバイス タイプ、複数のプレイバックおよび録音パスに対応します。例えば、助手席で接続されたデバイスからMP3の曲を聴いているとき、後部座席では、その同じデバイスに保存された別の曲を聴くということが可能です。しかも、これはすべて単一のコンピューティング プラットフォームから制御できるのです。QNX Aviageマルチメディア スイートでは、トリック プレイやスキャンモードといった、標準的なデジタル オーディオ機能だけでなく、タイムシフティング(ライブラジオの一時停止)、マルチビュー コンテンツ表示(スクリーン共有)その他、最新の機能にも対応しています。

同スイートでは、多様なシナリオでのコンテンツ録音に対応しており、さらに便利になっています。例えば、一つのメディアからコンテンツを車のハードドライブにリッピングしながら、ほかのソースからのコンテンツを聴くこともできます。さらに、同じメディアからのコンテンツを同時に再生と録音が可能で、録音機能を実行中に、プレイバックの一時停止もできるのです。QNX Aviage マルチメディア スイートには、デバイス ドライバ、エンコーダ/デコーダ、データベースが含まれており、最新のデジタル メディア プラットフォームを迅速に自動車市場に投入したいと考えている企業は、開発サイクルと統合フェーズにかかる時間を劇的に短縮することができます。すぐに使えるマルチモーダル入力とディスプレイ機能も備えており、HMIではグラフィカルなタッチスクリーンやビデオ制御、あるいは両方を同時に使用することができます。

QNX Aviage マルチメディア スイートをQNX によるその他のミドルウエア製品およびパートナー ソリューションと組み合わせることで、音声認識ミュージック システムから完全統合車載エンタテイメント ネットワークまで対応できる、極めてスケーラブルなプラットフォームが自動車メーカーおよび大手サプライヤに提供されることになります。

発売時期とハードウエア サポート

QNX Aviage マルチメディア ソリューションは、多様な32ビットCPU とDSP に対応しており、ARM9+、SH-4+、PowerPC プロセッサ、TI OMAP、および、Freescale、Renesas、Texas Instruments、 Intel の特定自動車向けハードウエア プラットフォームで使用することができます。QNX Aviage マルチメディア スイートは、2007年12月に発売が開始されます。

QNX Aviage ミドルウエアについて

QNX Aviageブランドは、記録的なスピードで消費者向けマルチメディア製品を開発できるミドルウエア製品ポートフォリオを包括するものです。QNX Aviage製品は、統合度の高いメディア プラットフォームを提供することにより、顧客のイノベーションをスピードアップします。QNX Aviageポートフォリオには、コンシューマ グレードのマルチメディア エンジン、直感的なフラッシュ ベースのユーザー インターフェイス、優れた音声拡張ソフトウエアが含まれます。比類のない信頼性、透過的なアップグレード性、個人化されたユーザー使用感がQNX Aviage 製品ファミリの特長です。

QNX ソフトウエア システムズについて

ハーマン インターナショナル (NYSE: HAR) の一員である QNX ソフトウエア システムズは、リアルタイムの組み込み OS 技術の業界リーダーです。コンポーネント ベースのアーキテクチャによるQNX Neutrino® RTOS 、QNX Momentics® 開発スイート、およびQNX Aviage ミドルウエアは、業界で最も信頼性が高くスケーラブルなシステム構築プラットフォームを提供、イノベーティブかつ高性能な組み込みシステム構築を支援します。シスコ、ダイムラークライスラー、ゼネラル エレクトリック、ロッキード マーチン、シーメンスなどの世界的なリーダーは、ネットワーク ルーター、医療器具、車載テレマティックス ユニット、警備防衛システム、産業ロボティックス、その他のミッションまたはライフ クリティカルなアプリケーションで QNX の技術に依存しています。1980 年設立の QNX ソフトウエア システムズはカナダのオタワ市に本社を置き、世界 100 ヶ国以上に製品を出荷しています。