QNX が CVPC に100万ドル相当のソフトウエアを寄付

QNX が CVPC に寄付、車載コンピューティング技術の進化に貢献

車載テレマティクスおよびインフォテイメント向けミドルウエア、オペレーティング システム、開発ツールのグローバル リーダーであるQNX ソフトウエア システムズは、自動車向けコンピューティングの研究を支援し、Connected Vehicle Proving Center (CVPC)に百万ドル相当のソフトウエアを寄付したことを発表しました。世界中の自動車メーカーの設計センターに最新の技術を提供する同社の OEM Innovation Lab (OIL)プログラムに基づき、QNX は、業界をリードする QNX® Neutrino® RTOS、QNX Momentics® ツール スイート、QNX Aviage® マルチメディア スイート、QNX Aviage HMI プレーヤを CVPC に寄付しました。

Michigan Economic Development Corp の「21世紀の雇用基金(21st Century Jobs Fund)」 から310万ドルの助成金を受け設立された CVPCは、非営利団体の Center for Automotive Research (CAR)の後援のもと、QNX ソフトウエア システムズから寄付されたソフトウエアを、研究開発やテストに使用していきます。CVPC は、安全性、モビリティ、利便性の向上を目的とした車載ワイヤレス通信およびアプリケーション向けの「ネットワーク対応車両技術」の開発、テスト、評価のための施設を提供しています。

「寄付されたQNX ソフトウエア ツールにより、当センターでは、より総合的で包括的なワイヤレス車載アプリケーションの開発ができるようになります」と、CVPC の統括マネージャである Udi Naamani 氏は述べています。「当センターの開発提案と開発者プログラムは、業界が自動車のネットワーク対応技術を促進していく上で、重要なサポートを提供していきます。」

CVPC に貢献を行なっている企業としては、 Aeris、Delphi Automotive Systems、Econolite、Motorola、Navteq、Road America その他が上げられ、QNX はこうした貢献企業のリストに加わることになります。

「QNX は、車載コンピューティングの堅牢なソフトウエア プラットフォームであり、CVPC にとって貴重な存在となります」と、Connected Vehicle Trade Association のScott McCormick 会長は述べています。「QNX オペレーティング システムおよびミドルウエア技術の卓越した信頼性とイノベーションは、CVPC が車両のネットワーク対応技術を促進していく上で、大きな財産となります。」

「自動車およびエレクトロニクス業界での最先端コネクティビティを支援するQNX ユニットの大胆なイニシアチブは、称賛に値します」と、Harman International Industries の会長兼CEOであるDinesh Paliwal は述べています。 「Harman およびそのビジネス ユニットは、幅広い市場で役に立つような研究開発とイノベーションの促進を目標としています。今回のQNX による寄付活動は、この目標に対する意欲を表しています。」

「CVPC に対する寄付活動は、テレマティクスおよびインフォテイメント技術の推進を通じて自動車のイノベーションを支援していくという QNX のコミットメントをさらに一歩進めるものです」と、QNX ソフトウエア システムズの戦略アライアンス部門ディレクターである Linda Campbell は述べています。「QNX の技術は、現在、何百という車両モデルのコンピューティング システム基盤となっており、CVPC のようなイニシアチブや、我々独自の OIL プログラムは、自動車向けコンピューティングの最先端技術を定義する上で一役を買っています。」

CVPC について

Connected Vehicle Proving Center (CVPC)は、ネットワーク対応車両技術とアプリケーションの開発、テスト、評価を行なう、開発中の世界的施設です。施設とその活動には、アプリケーション開発ツールの完全セット、実験室および公道私道におけるワイヤレス車両製品ライフサイクルのテスト検証エンジニアリング、ワイヤレス車両テスト、計画、テスト監視、結果記録と解析を行なうTesting Operations Center が含まれます。CVPC は、運輸および車載システムのテストと評価において数十年の経験を有するワイヤレス車両アプリケーションのエキスパート チームを有しています。Center for Automotive Research (CAR) の一部であり、非営利目的の研究組織である CVPC (www.cvpc.com,) は、企業、公的機関、および非営利目的の組織が、ネットワーク対応車両業界と市場の進化にむけた協業を可能にする環境を提供しています。

CVTAについて

Connected Vehicle Trade Association™ (www.connectedvehicle.org) は、車両コミュニケーション環境に関わる団体の交流と興味の促進を目的として設立された非営利目的の業界連盟組織であり、車両コミュニケーションにおける企業、団体、政府機関の協力を支援します。企業、公的機関、規格および仕様団体、教育機関、その他適任とみなされたすべての団体が加入することができます。

QNX ソフトウエア システムズについて

ハーマン インターナショナル(NYSE: HAR)の一員である QNX ソフトウエア システムズは、リアルタイムの組み込み OS 技術の業界リーダーです。コンポーネント ベースのアーキテクチャによる QNX® Neutrino® RTOS、QNX Momentics® 開発スイート、QNX Aviage® ミドルウエアは、業界で最も信頼性が高くスケーラブルなシステム構築プラットフォームを提供、イノベーティブかつ高性能な組み込みシステム構築を支援します。シスコ、ダイムラー、ゼネラル エレクトリック、ロッキード マーチン、シーメンスなどの世界的なリーダーが、ネットワーク ルーター、医療器具、車載テレマティックス ユニット、警備防衛システム、産業ロボティックスその他、時には人命に関わるような基幹アプリケーションで QNX の技術に依存しています。1980 年設立の QNX ソフトウエア システムズはカナダのオタワ市に本社を置き、世界 100 ヶ国以上に製品を出荷しています。