LTE Connected CAR がQNX CAR を搭載

オタワ 2009年 11月4日 - ハーマン インターナショナル (NYSE:HAR)の一員であり、車載情報システム向けオペレーティング システムおよびミドルウエアのグローバル リーダー、 QNX ソフトウエア システムズは、受賞歴を誇る同社の QNX CAR アプリケーション プラットフォームが ng Connect Program の LTE Connected Car コンセプト カーに搭載されていることを発表しました。同コンセプト カーは、Long Term Evolution (LTE) 4G ネットワークが、オンデマンド ビデオ、インターネット ラジオその他のワイヤレス ブロードバンド サービスをどのように自動車に提供できるかをデモンストレーションします。ニューヨークで行なわれた LTE Connected Car 技術展示会にて、QNX は、 Alcatel-Lucent その他の大手ネットワーク、コンスーマ エレクトロニクス、コンテンツ パートナーと共に参加しました。

QNX CAR アプリケーション プラットフォームは、ng Connect の LTE Connected CAR コンセプトカーのソフトウエア基盤を提供します。このプラットフォームは、車両のシステム ソフトウエアのすべてとインフォテイメント アプリケーションを提供し、リアルタイム オペレーティング システム、タッチスクリーン ユーザー インターフェイス、YouTube および Pandora 用ストリーミング メディア プレーヤ、Google ローカルサーチ機能つきナビゲーション システム、Bluetooth およびポータブル デバイス コネクティビティ、マルチメディア プレーバック、ハンズフリー統合、空調制御、Adobe Flash ゲーム、アプリケーション ストア技術、バーチャル メカニックが含まれています。

「QNX は、自動車業界におけるイノベーションで知られ、LTE を通じてクルマのユーザー エクスペリエンスを一新するという我々のビジョンを最初から共有しています」と、Alcatel-Lucent 社のエマージング技術&マルチメディア部門の副社長である Derek Kuhn 氏は述べています。「自動車業界における豊富な経験と、自動車インフォテイメント市場における大きな採用実績により、QNX は LTE 次世代車両の約束を実現する上でユニークな位置づけとなっています。」

自動車市場リーダーとして、QNX ソフトウエア システムズは、同社のソフトウエア技術を世界中で1200万件以上の車載システムにライセンスしています。2009年2月に発表されたQNX CAR アプリケーション プラットフォームは、すでに次世代車載コンピューティング システムで採用されており、50以上の技術パートナーと自動車顧客に使用されています。パートナーおよび顧客企業には、Adobe、Cisco、Daimler、Delphi、Freescale、General Motors、Google、Gracenote、IBM、Mercedes-Benz、Microsoft、 Panasonic、 Pandora、Volkswagen などが含まれます。

車載コンピューティング システムの開発を加速するために設計された QNX CAR アプリケーション プラットフォームは、幅広いエコシステムの技術を統合し、デジタル計器クラスタやインフォテイメント ユニットなど、カスタマイズが可能で事前統合されたリファレンス実装を車載コンピューティング システムのメーカーに提供します。このプラットフォームでは、ダイナミックなダウンロード コンテンツなど、新しい機能やアプリケーションへの対応が容易です。

「QNX CAR アプリケーション プラットフォームの開発におけるQNX の目標は、メディア リッチでネットワーク対応の自動車用インフォテイメント システムを市場に投入するまでにかかる時間を劇的に短縮するということです」と、QNX ソフトウエア システムズの CEO、Dan Dodge は語っています。「LTE Connected Car コンセプトカー プロジェクトは、QNX CAR のパワーをお見せするものです。このプロジェクトにおいて、QNX CARは複数の ng Connect パートナーによる製品とアプリケーションをすばやく統合し、シームレスで個人化された次世代ユーザー エクスペリエンスを実現しました。このプロジェクトへの貢献は非常にエキサイティングな取り組みでした。 ng Connect プログラムを通じたよりいっそうの研究開発イニシアチブを楽しみにしています。」

QNX CAR アプリケーション プラットフォームは、先ごろ Adobe Flash のイノベーティブな使用で Adobe MAX 賞を受賞しています。また、同プラットフォームは、権威ある Telematics Awards 2009 の最終選考にも選ばれています。

ng Connect Program は、高速ワイヤレス LTE ネットワーキング インフラストラクチャを活用するクラウド ベースの次世代アプリケーションのプルーフ ケースを開発する業界リーダーのエコシステムです。 LTE Connected Car のコンセプト開発に関わるその他の ng Connectメンバーには、Atlantic Records、chumby、Toyota Motor Sales, U.S.A., Inc、 Kabillion が含まれます。

CAR portalポータルサイト

QNX CAR アプリケーションプラットフォームについての詳細は、ビデオ、製品概要、FAQ、ホワイトペーパーなどを取り揃えたQNX CAR ポータルサイトをご覧ください。 http://www.qnx.co.jp/products/qnxcar/

ng Connect Program について

ng Connect Program は、Long Term Evolution (LTE)その他の超高速バンド幅技術に基づく次世代ブロードバンド サービスの開発と迅速な展開を理念とする多角業界組織です。2009年に設立されたng Connect Program は、ネットワーク、コンスーマ エレクトロニクス、アプリケーション、コンテンツ プロバイダなどのリーダー企業にサポートされており、参加企業には、4DK、Alcatel-Lucent、Atlantic Records、BUZZMEDIA、chumby,、Connect2Media、 Creative Technology Lt、 dimedis、FISHLABS、GameStreamer, Inc.、 Gemalto、HP、Intamac Systems Ltd.、Kabillion、Kyocera Communications Inc.、 LearningMate、MediaTile、QNX、R360、RebelVox LLC.、Samsung、SIGNEXX、Total Immersion、Toyota Motor Sales USA, Inc.、TuneWiki、V-Gate、Words & Numbers などが名前を連ねています。詳細については、www.ngconnect.org をご覧ください。

QNX ソフトウエア システムズについて

ハーマン インターナショナル (NYSE: HAR)の一員である QNX ソフトウエア システムズは、リアルタイム組み込み OS 技術の業界リーダーです。 コンポーネント ベースのアーキテクチャによる QNX® Neutrinor® RTOS、QNX Momentics® 開発スイート、および QNX Aviage® ミドルウエアは、業界で最も信頼性が高くスケーラブルなシステム構築プラットフォームを提供、イノベーティブかつ高性能な組み込みシステム構築を支援します。 シスコ、ダイムラー、 ゼネラル エレクトリック、ロッキード マーチン、シーメンスなどの世界的リーダーが、ネットワーク ルーター、医療器具、車載テレマティクス ユニット、警備防衛システム、産業ロボティクスその他、時には人命に関わるような基幹アプリケーションで QNX の技術に依存しています。 1980 年設立の QNX ソフトウエア システムズは、カナダのオタワ市に本社を置き、世界 100 ヶ国以上に製品を出荷しています。