Nuance 音声制御機能が QNX CAR と連携

2010年2月9日 バーリントン/オタワ Nuance Communications, Inc (NASDAQ: NUAN) と、Harman International (NYSE: HAR) の一員であり、リアルタイム組み込み OS 技術の業界リーダーである QNX ソフトウエア システムズは、Nuance Voice Control for Automotive が QNX® CAR アプリケーション プラットフォームのネット対応音声機能として使用されることを発表しました。これにより、テキスト メッセージやEメール送信、ナビゲーション コマンドの実行、スポーツ、ニュース、交通情報などのウェブ サービス アクセスを、運転しながら発声により制御することができます。Nuance のネット対応音声認識機能は、QNX CAR プラットフォームとシームレスに連携します。

Alcatel-Lucent による ng Connect プログラム LTE Connected Car のソフトウエア基盤を提供する QNX CAR アプリケーション プラットフォームは、QNX 製品とサードパーティ技術をリファレンス実装セットとして統合し、車載システムのプロトタイプ作成と生産化に新しいアプローチを提供しています。Nuance との協業により、QNX ソフトウエア システムズは、Nuance の実績あるコア技術 Dragon NaturallySpeaking 音声技術に基づく音声認識機能と、自然な言語の理解における進歩を統合し、道路案内や音楽その他のウェブ ベース情報に運転者が話し言葉でアクセスできるようにします。

「競争が激しい今日の市場において、自動車メーカーと一次サプライヤは、さまざまなコネクティビティおよびマルチメディア機能を統合しながら、同時に運転者が目を道路から離さず、手はハンドルから離さずに使える技術を提供しなければななりません。」と、QNX エンジニアリング部門VPである Sebastien Marineau-Mes は語っています。「Nuance 社の直感的な音声技術を統合し、QNX アプリケーション プラットフォームは、運転者がシンプルな音声コマンドでさまざまなネットワーク サービスにアクセスできるようにします。音声により、非常に直感的なユーザー インターフェイスが使えるようになり、究極的には、ネット対応車載サービスの普及を促進し、手を動かすことと、ビジュアルな要因から発生する運転者の不注意を最小限に抑えます。」

Nuance Voice Control Automotive は、iPhone 搭載で実績のある Dragon Dictation および Dragon Speech アプリケーションと同じ音声技術を活用しており、さまざまな発声コマンドを使用してより安全にネット対応自動車を運転することができます。これは Nuance の自然な言語理解とモバイル音声アプリケーション進化を活用するすべてのサービスに、ボタンひとつでシームレスにアクセスできる業界初のソリューションです。

「Nuance では、多くの自動車メーカーや一次サプライヤが、音声認識を搭載したネットワーク対応自動車を提供できるよう、QNX と緊密に協力を行なって来ました」と、Nuance Automotive の統括マネージャ、Arnd Weil 氏は述べています。「当社では、自然な話し言葉を理解するフレキシブルな技術の進化を促進しています。競争の激しい市場での差別化技術をパートナーと顧客に提供するためでなく、こんにちのネットワーク対応車両を担うイノベーションが、安全性を損なわないようにするためです。」

リリース情報

Nuance Voice Control Automotive のイノベーティブな音声認識機能を備えた QNX CAR アプリケーション プラットフォームは、2010年4月に自動車メーカーおよびサプライヤにリリースされる予定です。

QNX ソフトウエア システムズは、業界をリードする生産実績と30年以上にわたる最新技術の記録とイノベーティブなプログラムを Nuance のコミュニケーション ソリューションに貢献します。Nuance のオートモーティブ ソリューションは、世界の有名ブランドの2500万台の自動車および2000万台のパーソナル ナビゲーション デバイスに搭載されている Nuance の音声認識・音声テキスト機能の元になっており、QNX ソリューションと共に、大手自動車メーカーにパワフルな統合済みプラットフォームを提供します。

QNX ソフトウエア システムズについて

ハーマン インターナショナル (NYSE: HAR)の一員である QNX ソフトウエア システムズは、リアルタイム組み込み OS 技術の業界リーダーです。 コンポーネント ベースのアーキテクチャによる QNX® Neutrinor® RTOS、QNX Momentics® 開発スイート、および QNX Aviage® ミドルウエアは、業界で最も信頼性が高くスケーラブルなシステム構築プラットフォームを提供、イノベーティブかつ高性能な組み込みシステム構築を支援します。 シスコ、ダイムラー、 ゼネラル エレクトリック、ロッキード マーチン、シーメンスなどの世界的リーダーが、ネットワーク ルーター、医療器具、車載テレマティクス ユニット、警備防衛システム、産業ロボティクスその他、時には人命に関わるような基幹アプリケーションで QNX の技術に依存しています。 1980 年設立の QNX ソフトウエア システムズは、カナダのオタワ市に本社を置き、世界 100 ヶ国以上に製品を出荷しています。

Nuance Automotive について

自動車 OEM およびベンダ向け音声コンポーネントのサプライヤ リーダーである Nuance Communications は、ダイヤル機能、ナビゲーション システムへの行き先入力、車両コマンドおよび制御、車載エンターテイメント システムおよびネットワーク サービスなどを音声で制御する技術とサービスの統合スイートを提供します。同社の音声認識および音声テキスト変換ソフトウエアは、要求の厳しい車載環境に対応する最新のパフォーマンスと豊富な機能セット、ツールを提供します。

Nuance Communications, Inc について

Nuance は、世界のビジネスおよびコンスーマに音声およびイメージング ソリューションを提供するリーダー企業です。同社の技術、アプリケーション、サービスは、情報とのインタラクションおよびドキュメントの作成、共有、使用方法を変えることにより、よりパワフルなユーザー エクスペリエンスを実現します。数百万のユーザーと数千の企業が、Nuance の実績あるアプリケーションを使用しています。詳細は、Nuance のウェブサイト www.nuance.com をご覧ください。