セックがロボティクス用ミドルウエアでQNXのIEC61508 SIL3 認可OSを採用

2012年5月8日 東京 - ネットワーク対応組込みシステム向けソフトウエア プラットフォームのグローバル リーダーであるQNXソフトウエア システムズは、日本におけるリアルタイム技術とサービスのリーダー的企業である株式会社セック(Systems Engineering Consultants Co. Ltd.)(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:秋山逸志)が、QNX ®Neutrino® リアルタイム オペレーティング システム (RTOS) をOS基盤として使用し、IEC61508対応ロボティクス ミドルウエア製品を開発したことを発表しました。QNX Neutrino RTOS は、IEC61508 SIL3 の認可を取得しています。セックでは、高信頼性ロボティクス開発をより短時間でコストエフェクティブに行うための標準化されたプラットフォームの構築を行っています。

セック はロボティクス技術の規格化を目指す国のイニシアチブや研究開発の取り組みに積極的に参加しています。セックが開発したRTMSafetyミドルウエアでは、ロボットを構成する要素(アクチュエータやセンサなど)をコンポーネントとして部品化することができます。メーカーはこれらのコンポーネントを組み合わせ、多様な機能を持つロボットシステムを構築することができます。

セックのRTMSafety ミドルウエアは、安全度水準レベル3(SIL3)の第三者認証を取得しています。同製品は、日本で需要が高まる産業用ロボットや、医療や介護等の現場で使用されるパーソナルケア ロボットなど、安全性に関わるシステムの開発を効率化します。RTMSafety は、ロボット用コンポーネントのフレームワークと、OSが持つ故障検出機能やアプリケーションの生存監視機能を提供する機能安全ライブラリの大きく2つの機能で構成されています。

「セックは業界団体やロボット学会と協力し、コンポーネントの規格化を推進してきました。これはロボットの商業化を妨げてきたコストの問題の解決につながります。多くの開発研究を経て、これからはいよいよビジネス化の段階に入り、QNX ソフトウエア システムズのQNX Neutrino RTOS セーフカーネルを使用したミドルウエア プラットフォームを弊社のお客様に提供する準備を進めています。」と、SEC の上席執行役員 開発本部 開発副本部長である櫻井伸太郎 氏は述べています。

「日本におけるロボティクス技術のリーダーであるセックと、IEC61508 対応のQNX Neutrino RTOS セーフカーネルで協力できることを非常に嬉しく思っています。QNX技術は30年以上に渡り幅広い分野の高信頼性システムで使用されているため、セックの RTMSafetyにおいて理想的なシステム基盤となります。セックと共に日本のロボット産業の発展に貢献できることを光栄に思います。」と、QNXソフトウエア システムズのアジア太平洋地区営業マーケティング担当ディレクターのKimm Krueger は述べています。

株式会社セックについて

1970年に設立されたセックは、日本国内におけるリアルタイム ソフトウエアとソリューションのエキスパート企業です。イノベーションと研究開発を重視する SEC は、絶え間なく変化する技術動向に敏感に対応、リアルタイム技術を基軸に良質なソフトウエアを提供することでネットワーク社会の進化に貢献することを理念としています。SECが展開する主要な事業には、ロボティクス用プラットフォーム、位置情報用プラットフォーム、モバイル向け地デジ放送視聴組み込みソフトウエアの開発などがあります。詳しくは www.sec.co.jp をご覧ください。または、robot@sec.co.jpへご連絡ください。

QNX ソフトウエア システムズについて

QNX ソフトウエア システムズは、Research In Motion Limited (RIM) (NASDAQ:RIMM; TSX:RIM) の子会社であり、組込みシステム市場向けのオペレーティング システム、ミドルウエア、開発ツール、プロフェッショナル サービスのリーダー的ベンダです。アウディ、シスコ、ダイムラー、ゼネラル エレクトリック、ロッキード、シーメンスといった世界的リーダーが、車載インフォテイメント システム、ネットワーク ルーター、医療機器、産業制御、警備防衛システムなど、時には人命に関わるよう基幹アプリケーションで QNX の技術に依存しています。1980年に設立された QNX ソフトウエア システムズは、カナダのオタワ市に本社を置き、世界100ヶ国以上に製品を出荷しています。www.qnx.co.jp をご覧ください。