QNX、ISO 26262プログラムを発表

2013 年6月13日 東京 —車載エレクトロニクス用ソフトウエア プラットフォームのグローバル リーダーである QNX ソフトウエア システムズは、新たなQNX Automotive Safety Program for ISO 26262 (ISO 26262向けQNX オートモーティブ セーフティ プログラム)を発表しました。デジタル計器クラスタ、先進運転支援システム(ADAS)、ヘッドアップ ディスプレイをはじめとする、機能安全要件がある製品開発の加速を支援するために企画されたこの新しいプログラムにより、自動車企業は 、規格認可取得、安全性が不可欠なシステム、車載ソフトウエアの設計などにおける QNX ソフトウエア システムズの実績を活用することができるようになります。

ISO 26262は、自動車における電気、電子、およびソフトウエア ベースのコンポーネントの安全性ライフサイクルを定義する国際規格です。同規格のベースとなっているIEC 61508規格と同様、ISO 26262 は危険な操作状況のリスクを評価し、故障のリスクを削減する安全策の定義に使用されます。

QNX Automotive Safety Program for ISO 26262は、ISO 26262対応システムの開発に必要なセーフティ情報をQNX のお客様に提供します。主な要素として、QNX® Neutrino® RTOS セーフカーネルに基づくセーフティケースのサンプル、リアルタイムOSベースのシステムのためのセーフティ クリティカル設計に関するガイドライン、QNX ベースの車載用SEooC(Safety Element out of Context)を使用する際の特性機能安全性要件などが挙げられます。SEooCは、特定の車両システムを前提にせずに開発され、事前に適格とされた安全性エレメントです。

本プログラムではまた、QNX ソフトウエア システムズによるプライオリティ サポート、機能安全性を備えたシステムを構築する際に必要とされる、推奨される実務についてのトレーニング、エンジニアのための詳細なQNX® OSトレーニングが提供されます。QNX ソフトウエアシステムズではまた、プログラム参加者に対し、それぞれのシステム要件に対応するコンサルティングを行います。本プログラムは柔軟な対応を念頭に企画されており、OS技術や機能安全性の専門知識のレベルに応じてカスタマイズすることができます。

「QNX ソフトウエア システムズは、原子力発電所からスペースシャトルまで、安全性がなによりも重視されるシステムにおいて30年の歴史を有しており、IEC 61508 やIEC 62304 といった規格認可においても実績に裏打ちされた能力を有しています」と、QNX ソフトウエア システムズの製品管理ディレクターであるGrant Courvilleは述べています。「安全性についての専門知識に加え、多数の自動車製造プログラムにおける実績があるQNXは、デジタルクラスタ、ADASシステムなど機能安全要件のあるシステムを開発する企業にとって、理想的なパートナーとなります。」

セーフティ エコシステム

機能安全要件のさまざまな側面に対応するため、QNXソフトウエア システムズは、サポートするプロセッサ、ツールチェーン、グラフィックス技術、およびセーフティ クリティカル システムのコンサルティングなどを提供するベンダのエコシステムの構築も行っています。市場のキープレーヤーであるElektrobit、Freescale、NVIDIA、Texas Instrumentsなどの企業がすでにQNX Automotive Safety Program for ISO 26262のサポートを表明しています。これらの企業は、業界の主要なインフォテイメント製品プログラムでQNX ソフトウエア システムズと協業経験があり、機能安全要件のある量産プログラムでも現在活動中です。

「ISO26262コンプライアンスが求められるデジタルクラスタその他の車載システムの機能安全性に対して、QNX が同社の非常に優れた専門知識をもたらしてくれることを嬉しく思っています」と、Elektrobit (EB)社の機能安全性コンサルタント マネージャであるFlorian Bogenberger氏は述べています。「QNX Automotive Safety Program for ISO 26262が提供するサービスとアーチファクトは、EB製品を補完する上で理想的なものであり、EBですでに活発に活動を行っているセーフティクリティカルな自動車プロジェクトでの協業を楽しみにしています。」 「デジタル機器クラスタ、運転支援コンポーネントその他の車載システムがますます複雑になるにつれ、機能安全性認可のニーズが高まっています。QNX ソフトウエア システムズが、車載システムと規格認可プログラムにおける豊富な経験を活かし、弊社との共通の自動車業界のお客様に対し、ISO 26262 認可への厳しい道のりの案内をできるようなプログラムを発表してくれたことを嬉しく思っています」と、Freescale® セミコンダクタ社のオートモーティブ マイクロプロセッサ ビジネス開発マネージャであるDan Loop氏は述べています。

「QNX ソフトウエア システムズは、NVIDIAにとって重要な自動車パートナーであり、Audi、VW、Bentleyなどの量産プログラムで、共に大きな成功を収めています」と、NVIDIAのオートモーティブ ビジネス ユニットの統括マネージャであるTaner Ozcelik氏は述べています。「QNX のオートモーティブ セーフティ プログラムにより、厳格な安全要件に対応しながら、新しいレベルの車載グラフィックスや機能の統合が可能になり、これは我々のパートナーシップの新しい段階をしめすものとなります。」

「QNX Automotive Safety Program for ISO 26262は、TIの機能安全性に関する専門知識とSafe TI™-26262 certification-readyコンポーネントを補完するものです」と、Texas Instruments Incorporated (TI) のアプリケーション プロセッサ統括マネージャである Curt Moore 氏は述べています。「過去10年以上にわたり、QNX と TIは、自動車メーカーによる最新のインフォテイメントおよびテレマティクス システムの開発を支援してきました。今回の新しいプログラムにより、デジタル計器クラスタやADASなど、成長中の市場でも、実績に裏付けられた協業を進めていく準備ができました。」

故障に対する許容度が低い環境向けに設計されている QNX OS 技術は、鉄道、原子力発電所、風力タービン、医療機器、プロセスオートメーション システムなどの制御システム、その他さまざまなセーフティ クリティカルなアプリケーションで実績を有しており、アベイラビリティと信頼性の要件が厳しいシステムにおいて市場実績に裏打ちされた基盤を提供します。

QNX ソフトウエア システムズは、デジタル計器クラスタ、ハンズフリーシステム、マルチメディア ヘッドユニット、コネクティビティ モジュール、3D ナビゲーション システムなどを含む車載システムで採用されており、世界中で数千万台の車両に技術をライセンスしています。

リリース時期

QNX Automotive Safety Program for ISO 26262 は、2013年第3四半期に特定の自動車企業に提供されます。

QNX ソフトウエア システムズについて

QNX ソフトウエア システムズは、Research In Motion Limited (“BlackBerry”) (NASDAQ: BBRY; TSX:BlackBerry) の子会社であり、ネットワーク対応組込みシステム市場向けのオペレーティング システム、ミドルウエア、開発ツール、プロフェッショナル サービスのリーダー的ベンダです。アウディ、シスコ、ゼネラル エレクトリック、ロッキード、シーメンスといった世界的リーダーが、車載インフォテイメント ユニット、ネットワーク ルーター、医療機器、産業制御、警備防衛システムなど、時には人命に関わるよう基幹アプリケーションで QNX の技術に依存しています。1980年に設立された QNX ソフトウエア システムズは、カナダのオタワ市に本社を置き、世界100ヶ国以上に製品を出荷しています。www.qnx.co.jp、http://www.facebook.com/QnxJapanFriendly をご覧ください。