HERE とQNX、HERE Autoを自動車に提供する協業を発表

2014年1月7日 ラスベガス 2014 International CES (ノースホール、ブース536)— 車載エレクトロニクス向けソフトウエア プラットフォームのグローバル リーダーである QNX Software Systems と、Nokiaの一事業であるHEREは、本日、コネクテッド カーのための個人化されたクラウドベースのロケーション サービス推進を目標とする新しいテクノロジ パートナーシップを発表しました。

この協業の一環として、QNX Software Systemsでは、インフォテイメント向けQNX CAR™プラットフォーム(QNX CAR™ Platform for Infotainment)において、組み込みナビゲーション エクスペリエンスであるHERE Autoに対応していきます。QNX Software Systems は、今週2014 CESにおいて同社が展示する2014 Mercedes-Benz CLA45 AMGベースの新しいQNXテクノロジ コンセプトカーにHERE Autoを搭載したデモを公開します(ノースホール、ブース番号536)。

ダイナミックで個人化されたサービスおよび正確なロケーション認識とコネクティビティの組み合わせにより、自動車はパワフルなコネクテッド デバイスに変身し、ドライバーが自身をとりまく世界をよりよく理解できるようになります。HEREは、一級のロケーション サービスを自動車内で提供することを基盤としており、自動車メーカーが顧客のデマンドを先取りし、コネクテッド サービスにおいて差別化を図ることを可能にできる数少ない企業の一つです。

HERE Autoは、HEREの自動車グレード品質のマップ上に構築された組み込み車載ナビゲーション アプリケーションであり、世界95か国において、現在市場で最新のデータを提供します。HERE AutoはHERE Cloudに接続し、気象情報、駐車場情報、交通情報、ガソリン価格および支払サービス等のコネクテッド サービスへアクセスします。HERE Autoはスケーラビリティを備えており、多様なプラットフォームに対応します。 QNX Software Systemsでは、同社のインフォテイメント向けQNX CARプラットフォームにおいてHERE Autoをサポートし、世界中でより多くの自動車およびドライバーを対象としたHEREの拡販を計画しています。QNX Software Systems では、車載インフォテイメント システムの構築に最適な基盤を提供するパートナー エコシステムを構築しており、HERE Auto の追加は、マルチプラットフォームのHERE Connected Driving ソリューションの勢いを裏付けるものです。

「自動車が究極のコネクテッド デバイスへと進化する中、まったく新しいクラスのドライバー サービスを提供する上で、ロケーションはキーとなる要素です」と、HEREのコネクテッド・ドライビング担当バイスプレジデントである Ogi Redzic氏は述べています。「HEREでは、QNX Software Systemsのように市場をリードするパートナーとともに、自動車業界向けモビリティの新時代を切り拓いていきます。」

「HERE Autoは、ナビゲーションとロケーション サービスを個人化し、より便利なものにするクラウドを活用したドライビング エクスペリエンスへの新しい扉を開くものです」と、QNX Software Systemsのグローバル パートナーシップ ディレクターであるPeter McCarthyは述べています。「QNX CARプラットフォームでこのソリューションに対応し、自動車業界における弊社のお客様にアクセスを提供できることを楽しみにしています。」

QNX Software Systems は、世界中で数千万台におよぶ車載システムにソフトウエア技術をライセンスしており、3D ナビゲーション システム、マルチメディア ヘッドユニット、デジタル計器クラスタ、コネクティビティモジュール、ハンズフリー システムなどで実績があります。同社のインフォテイメント向けQNX CARプラットフォームは、インテグレーション済みの複数のテクノロジのユニークなセットを提供し、コネクティビティを備えたメディアリッチなインフォテイメントシステムの開発工数削減に寄与し、市場展開までの時間を短縮します。このプラットフォームはまた、非常に柔軟性が高く、アプリケーション環境、スマートフォン プラットフォーム、ユーザー インターフェイス技術、コネクティビティ規格において、お客様に豊富な選択肢を提供します。

QNX Software Systemsについて

QNX Software Systems Limitedは、BlackBerry® (NASDAQ: BBRY; TSX: BB)  の子会社であり、ネットワーク対応組込みシステム市場向けのオペレーティング システム、開発ツール、プロフェッショナルサービスのリーダー的ベンダです。アウディ、シスコ、ゼネラル エレクトリック、ロッキード、シーメンスといった世界的リーダーが、車載インフォテイメントユニット、ネットワーク ルーター、医療機器、産業制御、警備防衛システムなど、時には人命に関わるような基幹アプリケーションで QNX の技術に依存しています。1980年に設立されたQNX Software Systemsは、カナダのオタワ市に本社を置き、世界100ヶ国以上に製品を出荷しています。詳しい情報は、www.qnx.co.jp、www.facebook.com/QnxJapanFriendly をご覧ください。同社の自動車関連事業については、qnxauto.blogspot.comもご覧ください。

HERE について

Nokiaの一事業である HERE は、複数のスクリーンとオペレーティング システムにおいて、世界最新の地図とロケーション エクスペリエンスを提供します。HEREはロケーション サービスとデバイスの新時代にインスピレーションを提供、より多くの人が簡単に、そして安心して日常をナビゲートするための支援を行います。地図作成と作画における25年以上の歴史と8万件以上のデータソースに基づき、HEREは190以上の国で “Maps for Life” を提供、また、95か国における50以上の言語で音声ガイドによるナビゲーション、34か国でライブ交通情報の供給も行っています。HEREについての詳細は、http://blog.here.com をご覧ください。

 

詳細情報

Web: www.qnx.co.jp
Email: info@qnx.com
お問い合わせ

(株)トークス
(日本でのQNX広報代理店)
担当: 坂本、菅野
03-3261-7715(代)
sakamoto.m@pr-tocs.co.jp

片岡直子
QNXソフトウエア システムズ広報担当
+1 613-591-0931
naoko@qnx.com


HERE広報担当

Oskar Södergren
HERE
1-312-509-5711
oskar.sodergren@here.com



©2014 QNX Software Systems Limited。QNXおよびQNX CARは、BlackBerry Limitedの商標であり、特定の地域で登録および/または使用され、また、QNX Software Systems Limitedの許諾のもと使用されます。その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。 QNX Software Systems Limited(「QSS」)はBlackBerry Limitedの子会社です。このニュースリリースにおける「将来予測に関する記述」は、1995年米国民事証券訴訟改革法(the U.S. Private Securities Litigation Reform Act of 1995)の「セーフハーバー(safe harbor)」条項および適用のあるカナダ証券法に基づき記載されています。このニュースリリースにおいて、「期待する(expect)」、「予想する(anticipate)」、「見積もる(estimate)」、「かもしれない(may)」、「予定である(will)」、「すべきである(should)」、「意向である(intend)」、「信じる(believe)」などの用語および同様の表現が使用されている場合には、「将来予想に関する記述」であることを意味しています。「将来予測に関する記述」は、QSSが、自らの経験、過去の動向、現在の状況および予想される将来の動向についての認識、ならびにその状況において適当であるとQSSが考えるその他の要素を考慮して行う予測および仮定に基づきます。様々な事情により、実際のQSSの結果、実績または業績は、「将来予測に関する記述」における明文や示唆(Annual Report on Form 40-F(この写しはwww.sedar.comまたはwww.sec.govで入手することができます。)に含まれるブラックベリーの「Annual Information Form」の「Risk Factors」の項目に記載されているものを含みます。)と大きく異なることがあります。これらの要素は慎重に検討されるべきであり、読者はQSSの「将来予測に関する記述」に過度に依拠すべきではありません。ブラックベリーおよびQSSは、法律により義務づけられる場合を除き、新たな情報や将来の出来事等によるか否かを問わず、「将来予測に関する記述」を更新または修正することを意図しておらず、その義務を負うものではありません。QSSは、第三者の商品またはサービスのいずれについても責任を負わず、いかなる義務も負わず、いかなる表明、保証、承認も行いません。