QNX、車内音響管理の総合的手法を発表

新しいプラットフォームは、車内のすべての音響の管理を統合することで、 音声信号処理システムのコスト削減、簡素化、および短期製品化を実現できます

ラスベガスInternational CES 2016(LVCC北ホール325ブース)2016年1月6日 BlackBerry Limitedの子会社であるQNX Software Systems Limitedは本日、新しいQNX® Acoustics Management Platform (AMP)を発表しました。これは、自動車メーカーが、システムのコストを削減し、複雑さを緩和しながら、ドライバーと同乗者の音声および音響体験を向上する包括的なソリューションです。

最近の車両は複数の音声および音響信号処理システムを搭載しており、そのすべてが同時に動作しています。これらのシステムは、個々のサブシステム同士を構築する際に細心の注意を払わなければ、予測できない方法で相互に干渉することがよくあります。QNX AMPは、車の中の音響を管理する際、統合的なアプローチにより、インテグレーションする際の悩みを解決し、サブシステムが協調して動作する環境を提供します。また、ソフトウエアインテグレーションの工数を簡素化するため、QNX AMPには、プリコンフィグレーションされたビルトイン音響信号ルーティングが設定されています。

QNX Neutrino® Realtime OSの能力に基づいて、QNX AMPは、遅延を軽減する新しい音声アーキテクチャを使用します。これは、汎用アプリケーションプロセッサー上で、1ミリ秒という、これまでにない低い時間分解能により、非常に優れた高性能信号処理を実現します。これにより、自動車メーカーは、独自のデジタル信号処理(DSP)コアや特別な外部ハードウエアを使用せずに、数値計算型音響アプリケーションを実装できます。

QNX Software Systemsのトップで上級副社長を兼任するJohn Wallは次のように述べています。「QNX Acoustics Management Platformは、自動車ソフトウエアにおける飛躍的な進歩といっていいでしょう。これにより自動車メーカーは、さまざまな自動車用アプリケーションプロセッサー上で動作するソフトウエアを使って、自社製車両内の音響体験をデザインし、管理できます。コスト削減と短期製品化を実現しながら、新しい機能と高品質な音声が提供できます、」

QNX Acoustics Management Platformは、包括的な音響モジュールのスイートを統合しています。最初のリリースで予定されているモジュールは以下の通りです。

 

  • 車内での会話を快適にするQNX In-Car Communication(ICC):高速道路をハイスピードで走る車内での会話をスムーズにするため、QNX ICCは、ドライバーの声を拡声してリアスピーカーに送ります。ドライバーは、大きな声を出したり、後ろを振り返ったりすることなく、道路から目を離さずに、自然に会話ができます。QNX ICCは、変化する騒音環境にダイナミックに対応し、必要なときだけ拡声を行います。QNX ICCにより、自動車メーカーは、既存のハンズフリーの電話用マイクやインフォテインメント用のスピーカーを活用して、消費者がすぐに満足できる機能を追加できます。
  • QNX Acoustics for Voice 3.1狭帯域と広帯域のBluetoothオーディオ、次世代スマートフォン電話、コンシェルジュ音声サービスおよび最大サンプリング周波数32 kHzのクラウドベース音声認識のサポートにより、高品質なハンズフリー電話体験を提供します。QNX Acoustics for Voice 3.1は、世界中で4,000万台の自動車システムに搭載されている、受賞歴のあるQNX音響テクノロジーの性能に基づいて開発されています。また、国際電気通信連合(ITU)の新しい車両緊急通報(eCall)規格P.1140もサポートします。
  • QNX Acoustics for Active Noise Control(ANC):車内に響く「ブーン」という低周波のエンジン騒音を軽減する高度な技術です。QNX Acoustics for ANCは、エンジンの稼働状態と車内の騒音レベルを継続的に監視し、不快な騒音と「逆位相の音」を車両スピーカーから生成して、これを打ち消します。主なメリットは、非常に少ないコード量、高速キャリブレーション、および高度な安定化制御機能です。
  • QNX Acoustics for Engine Sound Enhancement(ESE): 自動車メーカーが特徴的なエンジン音を新たに作成したり既存のものを維持することで車両の魅力を高めるための完全なソフトウエアソリューションです。QNX Acoustics for ESEには、加算合成システムとユニークな粒状合成システムの2つのリアルタイムエンジン音合成テクノロジーが組み込まれています。これにより、実際の車両からの録音をリアルタイムのエンジン稼働状態に応じて動的に再形成できます。また、付属するエンジン音拡張ツールにより、サウンドデザイナーは、エンジン音プロファイルを定義し、デスクトップ上でこれらをインタラクティブに選定できます。
  • 後方互換性のあるインターフェイスおよびAPI: QNX AMPは、QNX Neutrino OSの音声インフラストラクチャを後方互換性を保ったまま拡張できるため、既存の電話、音声認識、ナビゲーションおよびメディア再生用のアプリケーションを修正することなく実行できます。
  • チューニング、診断および分析:QNX AMPには、まったく新しいツールが組み込まれています。これにより、デベロッパーは、すべてのシステムパラメータをリアルタイムに調整し、システムの複数のタップポイントで信号をインジェクトまたはストリームし、さらにリアルタイムでスペクトラムおよび波形を表示できます。
  • 提供時期

    QNX Acoustics Management Platformは現在、自動車メーカーとサプライヤー向けにプレビュー版として提供しています。正式な発表は2016年第3四半期を予定しています。

    CES2016でのADASおよびV2Xデモ

    今週開催のCESで、QNX Software Systemsは最新の音響システム、ADAS、デジタルインスツルメントクラスタ、インフォテインメント、V2Xに関するデモを行います。LVCC北ホールの325ブースにお立ち寄りください。

    QNX Software Systemsは世界で6,000万台以上の自動車に導入されている、インフォテインメント、テレマティクス、安全性および音響ソリューションの包括的なポートフォリオを提供します。また、40社以上の自動車メーカーとOEMは、QNX Neutrino® OS、QNX OS for Safety(ISO 26262に準拠、機能安全要求レベルは最高のD)、QNX CAR™ Platform for InfotainmentおよびQNX音響ミドルウエアなどのQNXソフトウエアを、カーオーディオ、デジタルインスツルメントクラスタ、高度ドライバー情報システム、ハンズフリーシステムおよび通信モジュールに使用しています。

    QNX Software Systemsについて

    QNX Software Systems Limitedは、BlackBerry Limitedの子会社であり、コネクティビティに対応する組み込みシステム市場向けのオペレーティング システム、ミドルウエア、開発ツール、プロフェッショナル サービスのリーディング ベンダです。Audi、Siemens、General Electric、Cisco、Lockheed Martinといった世界的リーダーが、車載エレクトロニクス、医療機器、産業制御、ネットワーク ルーターなど、時には人命に関わるような基幹アプリケーションでQNXの技術に依存しています。詳しい情報は、www.qnx.co.jp、www.facebook.com/QNXSoftwareSystems をご覧ください。同社の自動車関連事業については、qnxauto.blogspot.com もご覧ください。

    モバイル通信のグローバル リーダーであるBlackBerry (NASDAQ:BBRY; TSX:BB) は、1999年のBlackBerryスマートフォンの発売によってモバイル業界に革命をもたらしました。現在、BlackBerryは、常にモバイル体験の境界を拡大し続けることで、世界中で数百万人にのぼるユーザーにとって、成功のインスピレーションとなることを目標にしています。1984年にカナダ、オンタリオ州ウォータールーで設立され、現在、北米、欧州、アジア太平洋地域、ラテンアメリカで事業を展開しています。

    詳細情報 報道関係お問い合わせ先 (株)トークス
    ウェブサイト: www.qnx.com
    Eメール: info@qnx.com
    Paul Leroux
    QNX Software Systems
    +1 613-591-0931
    paull@qnx.com
    (日本でのQNX広報代理店)
    担当: 坂本、菅野
    03-3261-7715(代)
    sakamoto.m@pr-tocs.co.jp



    ©2015 QNX Software Systems Limited。QNX、QNX CAR、Momentics、Neutrino、AviageおよびBlackBerryは、BlackBerry Limitedの商標であり、特定の地域で登録および/または使用され、また、QNX Software Systems Limitedの許諾のもと使用されます。その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

    QNX Software Systems Limited(「QSS」)はBlackBerry Limitedの子会社です。このニュースリリースにおける「将来予測に関する記述」は、1995年米国民事証券訴訟改革法(the U.S. Private Securities Litigation Reform Act of 1995)の「セーフハーバー(safe harbor)」条項および適用のあるカナダ証券法に基づき記載されています。このニュースリリースにおいて、「期待する(expect)」、「予想する(anticipate)」、「見積もる(estimate)」、「かもしれない(may)」、「予定である(will)」、「すべきである(should)」、「意向である(intend)」、「信じる(believe)」などの用語および同様の表現が使用されている場合には、「将来予想に関する記述」であることを意味しています。「将来予測に関する記述」は、QSSないしBlackBerryが、自らの経験、過去の動向、現在の状況および予想される将来の動向についての認識、ならびにその状況において適当であるとQSSないしBlackBerryが考えるその他の要素を考慮して行う予測および仮定に基づきます。様々な事情により、実際のQSSないしBlackBerryの結果、実績または業績は、「将来予測に関する記述」における明文や示唆(Annual Report on Form 40-F(この写しはwww.sedar.comまたはwww.sec.govで入手することができます。)に含まれるブラックベリーの「Annual Information Form」の「Risk Factors」の項目に記載されているものを含みます。)と大きく異なることがあります。これらの要素は慎重に検討されるべきであり、読者はQSSないしBlackBerryの「将来予測に関する記述」に過度に依拠すべきではありません。ブラックベリーおよびQSSは、法律により義務づけられる場合を除き、新たな情報や将来の出来事等によるか否かを問わず、「将来予測に関する記述」を更新または修正することを意図しておらず、その義務を負うものではありません。QSSないしBlackBerryは、第三者の商品またはサービスのいずれについても責任を負わず、いかなる義務も負わず、いかなる表明、保証、承認も行いません。