インテル ハードウェア向けの Multi-Core Expedite Program を導入

2006年4月3日 サンノゼ、ESC シリコンバレー

このたび QNX ソフトウエア システムズは、新しい QNX Multi-Core Expedite Program を発表しました。これを通し、QNX のユーザは ひと足先に マルチコア ハードウェアおよびソフトウェア プラットフォームを入手することができ、マルチコア システムの評価、プロトタイプに着手することができます。

この新プログラムでは、有資格メンバーは、以下を含む業界最先端のマルチコア製品の120日間評価版を受け取ります。

 QNX® Momentics® 開発スイート プロフェショナル エディション および QNX Neutrino® マルチコア 技術開発キット – マルチコア プロセッサへの迅速な移植にフルに対処するための業界唯一の包括的なソフトウェア インフラストラクチャ。

 インテル® Pentium® プロセッサ エクストリーム エディション – ハイパースレッディング技術を兼ね備えたデュアルコア プロセッサで、4つのスレッドの実行が同時に可能な4つの論理的プロセッサを提供。

業界のマルチコア プロセッサへの移行は益々勢いを増しつつあります。プロセッサのクロック レートを上げることで CPU のパフォーマンスを増大できる能力は、すでに実用限界に達してしまっています。これに対処するために、業界はマルチコア プロセッサ実装へと移行しつつあります。マルチコア プロセッサは、1ワットにつきさらに高い MIPS、削減されたボード エリア、全般的により向上したパフォーマンスなどといったメリットを提供します。けれども、マルチコア ハードウェアの到来によって、これまで主に単一プロセッサの設計に携わってきた組み込みソフトウェア開発者たちの基準は書き換えられることになります。

非常にスケーラブルな QNX Neutrino RTOS を利用することにより、QNX Multi-Core Expedite Program のメンバーは、受賞歴のある優れたマルチプロセッシング ソルーション一式を試し、それぞれのプロジェクトの要件に最適のモデルを識別することができます。また、非対称型 (AMP)、対称型 (SMP) マルチプロセッシング機能の提供に加え、QNX は他に先駆けて限定型マルチプロセッシング (BMP) と呼ばれる革新的な 「混合型」 機能を開発しました。この画期的な技術は、コード移植を簡素化し、4つ、8つ、またはそれ以上の CPU コアを統合するプロセッサの設計を将来にわたって保証します。

「QNX のマルチコアにより、RTOS やツール スイートはインテルのマルチコア ハードウェア プラットフォームと結びつき、開発者たちへ強力なマルチコア開発環境を提供します。」 とインテル社の組み込み分野マーケティング部長、フィル エイムズ氏は語ります。「インテルと QNX のお陰で、世界中の開発者たちは、次世代の組み込みシステムを構築するために電力効率の良いパフォーマンスの向上を迅速に活用することができるのです。」

「組み込み製品をマルチコア ハードウェアへ移植する際の最大の課題は、ソフトウェア プログラミング パラダイムを、従来までの単一プロセッシング モデルからマルチ プロセシング ソリューションへと移行することにあります。」 と QNX ソフトウェア システムズのマーケティング担当副社長、デイヴ カーリー氏は語ります。「こうした移行は、QNX Multi-Core Expedite Program が組み込み市場の最先端を行く2社の画期的な技術へのアクセスをユーザに与え、技術チームにこれらの高度なプラットフォームを習得させ、QNX の柔軟なマルチプロセッシング オプション一式を用いてマルチコア設計のパワーを瞬時に利用するのを可能にすることなどにより、短期間で習得されます。」

企業がこのプログラムに参加するには、 http://www.qnx.com/innovation/forms/multicoreexpedite にある申込書に記入し提出しなければなりません。マルチコアのアーキテクチャおよびマルチプロセッシングのメリットについてさらにお知りになりたい方は、http://www.qnx.com/innovation にあるQNX Innovation Center をご覧下さい。


QNX ソフトウエア システムについて:

ハーマン インターナショナルの一員であるQNX ソフトウエア システムズは、リアルタイム組み込み OS 技術における業界リーダーです。QNX Neutrino RTOS と QNX Momentics 開発スイートのコンポーネント ベースのアーキテクチャは、共に、革新的で高性能の組み込みシステムを構築するための、業界において最も信頼性が高くスケーラビリティのあるフレームワークを提供します。シスコ、ダイムラー クライスラー、ゼネラル エレクトリック、ロッキード マーティン、シーメンスといった世界のリーダーたちが、ネットワーク ルータ、医療機器、車両テレマテックス ユニット、安全保障及び防衛システム、産業ロボティックスその他の、ミッション クリティカルで、時には生命にもかかわるようなアプリケーションにおいてQNXの技術に依存しています。1980年に設立されたQNX ソフトウエア システムズは、カナダのオタワに本社を置き、世界100カ国以上で製品を販売しています。