ハンズフリー車載システムを最適化するQNX Aviage音響処理キット

11月6日 デトロイト QNX ソフトウエア システムズは、デトロイトで開催されたオートモーティブ サミットで、QNX® Aviage® 音響処理キットのデモンストレーションを行いました。同キットは、ハンズフリーおよび車載音声認識システムの品質を向上させ、同時にコストを削減するQNX の新しいミドルウエア ソリューションです。

QNX Aviage 音響処理キットは、ハンズフリー会話の両サイドにおいて、音声の聞き取りやすさを改善し、運転者の不注意を軽減します。風切り音、ファン、路面ノイズなどのフィルタリングに加え、マイクが車載ステレオの音を拾って発生するエコーやフィードバックを除去します。QNX Aviage キットはまた、携帯電話による通話の限られたバンド幅を補い、リモート側の声をより豊かな音質で提供するため、運転者にリモート側の音声をよりわかりやすく伝えることができます。このため、「電話の声が遠い」という状況がなくなります。

これまで、ハンズフリーおよび音声認識車載システムといえば、交通音や空調その他のソースから発生するノイズから音声シグナルを分離するための専用プロセッサが必要でした。QNX Aviage 音響処理キットは、こうしたハードウエアの必要性を除去し、ユニットごとに10ドルから15ドルのシステム コスト削減を実現します。

カスタマイズ性の高い同キットは、モジュール仕様のソフトウエア アルゴリズム ライブラリを提供します。システム設計者はアプリケーション要件に従い、それぞれのライブラリを個別に、または組み合わせて使用することができます。使用可能なモジュールには、音響エコー キャンセラ、ノイズ抑制、自動ゲイン制御、バンド幅拡張その他、多くが含まれます。

モジュール構造と、複数プロセッサおよびDSPサポートにより、システム設計者は、キットを容易にアップデートおよび変更することができ、複数製品ラインでの再使用も簡単です。この結果、顧客は開発投資を最大限に活用し、生産コストを削減することができます。

QNX Aviage 音響処理キットではまた、ノイズ抑制やエコー キャンセレーション関係のソリューションで通常発生する、時間のかかるチューニング プロセスを回避することができます。過去においては、一つの車両モデルから別の車両モデルへとソリューションを移行させる場合、何週間にもわたる再調整が必要でした。QNX Aviage を使用すると、このチューニング プロセスは通常一日またはそれ以下の時間しかかかりません。

QNX Aviage 音響処理キットは、フィールドで実績を証明済みのソリューションを提供します。特許取得済みのモジュラー アルゴリズムは、55以上の車両モデルですでに統合されており、採用実績メーカーには、アキュラ、アウディ、BMW、フィアット、ゼネラル モータース、ホンダ、ヒュンダイ、ポルシェなどがあります。

「ハンズフリーおよび音声認識対応の車載システムは、運転者の不注意を防ぐ上で効果的ですが、現在の目標は、こうしたシステムをすべてのクラスの車両で利用可能にするということです。ハードウエア資材費とコストのかかるチューニング プロセスを削減できるQNX Aviage 音響処理ライブラリにより、こうしたシステムを、エコノミー モデルを含む幅広い車両モデルで使用できるようになります」と、QNX ソフトウエア システムズの自動車ビジネス マネージャ、Andrew Poliakは述べています。

ハードウエア対応状況

QNX Aviage 音響処理キットは、ARM9+、SH-4+、PowerPC プロセッサ、TI C64x DSPを含む様々な32ビットCPUとDSPに対応しています。

QNX Aviage ミドルウエアについて

QNX Aviageブランドは、記録的なスピードで消費者向けマルチメディア製品を開発できるミドルウエア製品ポートフォリオを包括するものです。QNX Aviage製品は、統合度の高いメディア プラットフォームを提供することにより、顧客のイノベーションをスピードアップします。QNX Aviageポートフォリオには、コンシューマ グレードのマルチメディア エンジン、直感的なフラッシュ ベースのユーザー インターフェイス、優れた音声拡張ソフトウエアが含まれます。比類のない信頼性、透過的なアップグレード性、個人化されたユーザー使用感がQNX Aviage 製品ファミリの特長です。

QNX ソフトウエア システムズについて

ハーマン インターナショナル (NYSE: HAR) の一員である QNX ソフトウエア システムズは、リアルタイムの組み込み OS 技術の業界リーダーです。コンポーネント ベースのアーキテクチャによるQNX Neutrino® RTOS 、QNX Momentics® 開発スイート、およびQNX Aviage ミドルウエアは、業界で最も信頼性が高くスケーラブルなシステム構築プラットフォームを提供、イノベーティブかつ高性能な組み込みシステム構築を支援します。シスコ、ダイムラークライスラー、ゼネラル エレクトリック、ロッキード マーチン、シーメンスなどの世界的なリーダーは、ネットワーク ルーター、医療器具、車載テレマティックス ユニット、警備防衛システム、産業ロボティックス、その他のミッションまたはライフ クリティカルなアプリケーションで QNX の技術に依存しています。1980 年設立の QNX ソフトウエア システムズはカナダのオタワ市に本社を置き、世界 100 ヶ国以上に製品を出荷しています。