パナソニックが世界各地で展開する車載システムでQNXを採用

パナソニックが世界各地で展開する車載インフォテイメント システムでQNXのソフトウエア プラットフォームを採用

パナソニック、QNX CARの柔軟性を活かしてさまざまな市場と顧客要件に対応する インフォテイメント システムを提供

2013年9月18日 東京 - 車載エレクトロニクス向けソフトウエア プラットフォームのリーダーである QNX ソフトウエアシステムズは、パナソニック米国法人の一部門であるPanasonic Automotive Systems Company of Americaが、北米、欧州、日本の自動車メーカー向けに開発するインフォテイメント システムでQNX CARプラットフォームを採用したことを発表しました。また、両社は次世代車載アプリケーションの機能を拡張する最新技術の研究開発で協力していく計画であることも併せて発表しました。

インフォテイメント システム向けQNX CARプラットフォームは、累計数千万台の自動車への採用で実績を持つQNX®技術をベースにしています。高い柔軟性を念頭に設計された同プラットフォームは、多様なアプリケーション環境およびスマートフォン プラットフォームに加え、広範囲にわたる統合済みコンポーネントをサポートし、インターネット接続され、リッチなメディア環境を備えたインフォテイメントシステムを開発する自動車メーカーを支援します。

「当社ではさまざまな市場および顧客要件に対して当社のインフォテイメント システムを迅速にカスタマイズするためのプラットフォームを求めていました。モジュラー アーキテクチャとモバイル コネクティビティ規格へのサポートを備えたQNX CARプラットフォームは、我々が望んでいた本質的なフレキシビリティを提供してくれます」と、パナソニック米国法人のバイスプレジデント兼CTOであるScott Kirchner氏は述べています。「技術、エンジニアリング、そしてビジネスの観点からみて、開発デッドラインの順守と、弊社顧客にローカライズされた高品質な製品を提供するという点において、QNX ソフトウエア システムズは強固なサポートを提供してくれます。」

市場にカスタム ソリューションを迅速に展開するべく、Panasonic Automotive Systems Company of AmericaではQNX CARプラットフォームに組み込まれているマルチメディアおよびデバイス コネクティビティ機能と同社の最新技術を統合していきます。パナソニックでは、数百の自動車モデルの市場展開支援に直接かかわってきたQNX オートモーティブ サービス チームを利用しています。

「車載システムにおける主要なイノベータ企業であるパナソニックの開発を支援することができ、たいへん嬉しく思います」と、QNX ソフトウエア システムズの営業マーケティング VPである Derek Kuhn は述べています。「パナソニックはQNX CARプラットフォームを活用してエキサイティングな製品を創出しており、同社の努力と功績に貢献できることを光栄に思います。」

Panasonic Automotive Systems Company of America について

Panasonic Automotive Systems Company of Americaは、ジョージア州ピーチツリーシティに拠点を置き、ミシガン州ファーミントンヒルズにデトロイト地区事業所を有しています。同社はコンシューマ、ビジネス、および産業向けのイノベーティブなデジタルその他電子製品を開発販売する世界最大手パナソニック株式会社(本社大阪)の北米におけるメイン子会社であり、ニュージャージ州セコーカスを拠点とするパナソニック米国法人、Panasonic Corporation of North America の一部門です。Panasonic Automotive Systems Company of America は、パナソニック株式会社のオートモーティブ&インダストリアルシステム社と共に、グローバル自動車産業システムとコンポーネント事業の連携を行っています。Panasonic Automotive Systems Company of America についての詳細は、www.panasonic.com/automotiveをご覧ください。

QNX ソフトウエア システムズについて

QNX ソフトウエア システムズは、BlackBerry (NASDAQ: BBRY; TSX: BB) の子会社であり、ネットワーク対応組込みシステム市場向けのオペレーティング システム、開発ツール、プロフェッショナル サービスのリーダー的ベンダです。メルセデス・ベンツ、シスコ、ゼネラル エレクトリック、ロッキード、シーメンスといった世界的リーダーが、車載インフォテイメント ユニット、ネットワーク ルーター、医療機器、産業制御、警備防衛システムなど、時には人命に関わるような基幹アプリケーションで QNX の技術に依存しています。1980年に設立された QNX ソフトウエア システムズは、カナダのオタワ市に本社を置き、世界100ヶ国以上に製品を出荷しています。詳しい情報は、www.qnx.co.jp www.facebook.com/QnxJapanFriendly をご覧ください。同社の自動車関連事業については、qnxauto.blogspot.comもご覧ください。