QNX と光庭ナビアンドデータ、日本向けの車載ナビを提供

光庭ナビアンドデータ、同社のナビゲーション エンジンをインフォテイメント向けQNX CAR プラットフォームに統合

2013年10月8日東京 テレマティクスジャパン —車載エレクトロニクスのグローバル リーダーであるQNX ソフトウエア システムズは本日、日本全国向けにソフトウエア開発サービスとナビゲーション ソフトウエア ソリューションを提供している光庭ナビアンドデータ株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:鈴木健二)が同社のナビゲーションエンジンをQNX CARTM Platform for Infotainment (インフォテイメント向けQNX CARプラットフォーム)にもインテグレーションすることを発表しました。

「QNX ソフトウエア システムズと同社のQNX CAR プラットフォームは、現在の、そして明日のコネクテッドカーのための、まさにイノベーションそのものです」と、光庭ナビアンドデータの代表取締役会長である鈴木健二氏は述べています。「光庭のナビゲーション エンジンをQNXのプラットフォームにインテグレーションし、堅牢なナビゲーション ソリューションを日本市場に提供していきたいと思います。」

インフォテイメント システム向けQNX CARプラットフォームは、累計数千万台の自動車への採用で実績を持つQNX®技術をベースにしています。高い柔軟性を念頭に設計された同プラットフォームは、多様なアプリケーション環境およびスマートフォン プラットフォームに加え、広範囲にわたる統合済みコンポーネントをサポートし、インターネット接続され、リッチなメディア環境を備えたインフォテイメントシステムを開発する自動車メーカーを支援します。

光庭ナビアンドデータのソフトウエアおよびナビゲーション エンジンは、多くの車載システムで展開されています。光庭ナビアンドデータの顧客には、日産自動車、日立グループ、東芝グループ、クラリオン、デンソー、エディアなどの企業が含まれます。

「A地点からB地点へと移動する際、ユーザーが頼りにする地域に特化したナビゲーションは、車載エクスペリエンスにおいて非常に重要な側面です」と、QNXソフトウエア システムズのグローバル パートナーシップ ディレクターであるPeter McCarthy は述べています。「光庭ナビアンドデータとの協業をたいへん喜ばしく思っています。ナビゲーション機能の追加を通じて自動車メーカーのインォテイメント システムの強化に貢献していきたいと思います。」

「インフォテイメント向けQNX CARプラットフォームにより、生産にかかる時間を削減できるのは嬉しいことです。開発環境もすばらしく、工数の削減も可能です」と、光庭ナビアンドデータの技術部門マネージャであるHu Jianglong氏は述べています。「QNXソフトウエア システムズと中国光庭ナビアンドデータの関係も強化していくことを希望しています。」

テレマティクス ジャパンにおいて、QNXソフトウエア システムズと光庭ナビアンドデータは、インフォテイメント向けQNX CAR プラットフォームと光庭ナビアンドデータ ナビゲーション エンジンの統合デモを展示します。

QNXソフトウエア システムズについて

QNX ソフトウエア システムズは、BlackBerry (NASDAQ: BBRY; TSX: BB)  の子会社であり、ネットワーク対応組込みシステム市場向けのオペレーティング システム、開発ツール、プロフェッショナル サービスのリーダー的ベンダです。メルセデス・ベンツ、シスコ、ゼネラル エレクトリック、ロッキード、シーメンスといった世界的リーダーが、車載インフォテイメント ユニット、ネットワーク ルーター、医療機器、産業制御、警備防衛システムなど、時には人命に関わるような基幹アプリケーションで QNX の技術に依存しています。1980年に設立された QNX ソフトウエア システムズは、カナダのオタワ市に本社を置き、世界100ヶ国以上に製品を出荷しています。詳しい情報は、www.qnx.co.jpwww.facebook.com/QnxJapanFriendlyをご覧ください。 同社の自動車関連事業については、qnxauto.blogspot.comもご覧ください。

光庭ナビアンドデータについて

光庭ナビアンドデータは、開発サービス、ナビゲーション システムおよびナビゲーション製品のトータル ソリューションをコア ビジネスとしています。光庭ナビアンドデータは、主要な自動車メーカー向けの世界的なプロフェッショナル ナビゲーション マップ コンパイラーです。アプリケーションは中国におけるナビゲーション デバイス、および日本におけるスマートフォンおよびB2B製品にOEM供給されています。光庭ナビアンドデータは、イノベーティブなナビゲーション エンジンを自動車メーカーに提供し、次世代ナビゲーションシステムの開発に貢献しています。同社の研究開発は産学公連携により進められています。2002年に設立された光庭ナビアンドデータは本社を東京におき、中国の武漢に研究開発拠点を置いています。