概要

近代的な車両には複数の音響と音声信号処理システムがあり、すべて同時に実行されています。これらのシステムは、各サブシステムが互いを意識するように多大な注意を払わないと予期しない方法で相互に作用することが多々あります。QNX® Acoustics Management Platform (AMP)(QNX®音響管理プラットフォーム(AMP))は、車内の音響管理のための統一的なアプローチを提供することでサブシステムが協調して作動するようにして、この統合に関連した悩みを排除してくれます。ソフトウェア統合に必要なプロセスをさらに少なくするために、QNX AMPは音声信号ルーティングを組み込んで事前構成されています。

QNX Neutrino®リアルタイムOSのパワーを活用することで、QNX AMPユーザーは汎用アプリケーションプロセッサー上で1ミリ秒という前例を見ない時間分解能でのリアルタイム高性能信号処理を提供する新しい低レイテンシーオーディオ アーキテクチャを利用できます。その結果、自動車メーカーは専用のデジタル信号処理(DSP)コアや特化された外付けハードウェアを使用して数値計算の多い音響アプリケーションを実装する必要がなくなります。

  • アプリケーション プロセッサー上での低レイテンシー音声信号処理
  • 堅牢な事前に構築した音声ルーティング
  • 複数音響機能間の相互作用を解決
  • 拡張可能なモジュール方式で下位互換性のあるフレームワーク
  • パワフルな新しいチューニング、分析、診断ツール。
無償評価版
無料試用を開始
近日開催予定のウェビナー
ウェビナー受講登録
QNXが御社にとって適切な製品である理由
製品比較

製品のアクション

利点

  • アプリケーション プロセッサー上での低レイテンシー音声信号処理
  • 堅牢な事前構築音声ルーティング
  • 複数音響機能間の相互作用を解決
  • 拡張可能なモジュール式で下位互換性のあるフレームワーク 
  • パワフルな新しいチューニング、分析、診断ツール。

テクノロジー

QNX音響管理プラットフォームを自動車メーカーとサプライヤーがプレビューに利用できるようになりました。一般公開は2016年第3四半期に予定されています。

アコースティックス モジュール

QNX音響管理プラットフォームは包括的なスイートのアコースティックス モジュールと統合します。