概要

先進的運転者支援システム(ADAS)がブラインドスポットモニタリングや車線逸脱警告など個別の単一機能システムから統合アクティブ セーフティ システムや自動運転テクノロジーまで進化するにつれて、ソフトウェア上の課題が新たに出現しています。高性能コンピューティングの必要性は機能安全と交差し、次世代システムにおけるハードウェアとソフトウェアの性質そのものを変更しています。ADAS用QNX®プラットフォームは、ISO 26262機能安全性認証を維持しながら半導体業界における性能の高度化を活用し、フレキシブルで安全かつ安定したソフトウェア環境を提供することでこれらの課題に対処する設計となっています。

ADAS用QNXプラットフォームにより、自動車メーカーはADASシステムの次世代を築き、今後数年の自動運転の道を切り拓くことができます。

  • 事前認証済みオペレーティングシステムの使用により、高速・低コスト・低リスクのISO 26262認証を取得
  • POSIXとLinuxソフトウェア資源を再使用することで開発コストを低減
  • 加速的ビジョン処理をサポートする最新ADASシリコンのパワーを活用
無償評価版
無料試用を開始
近日開催予定のウェビナー
ウェビナー受講登録

製品のアクション

利点

  • 高性能 - 今日の半導体のパワーを放つ
  • セーフティ クリティカルな車載システム用規格への準拠
  • ソフトウェア再使用による開発コストの低減

テクノロジー

複数ADASとアクティブ セーフティ アプリケーション用のフレキシブル プラットフォーム アプローチ

ADAS用QNXプラットフォームは各種のADASとアクティブ セーフティ アプリケーションをサポートするための基盤として構築されたものです。たとえば、マルチカメラ フレームワークを加速されたビジョン処理および3D OpenGL ESグラフィックスレンダリングのサポートと統合することで、サラウンド ビュー システムを実現できます。あるいは、QNXエコシステム パートナーからのカメラ入力フレームワークをオブジェクト検出および認識アルゴリズムと統合することでカメラ1台の前向き安全システムを構築することもできます。